e-PORTチャレンジ

e-PORTチャレンジとは

 北九州e-PORT構想2.0では、地域課題解決のためのサービスを提供する産学官民金のネットワーク、「e-PORTパートナー」と、その運営主体であり、全体を管理する「北九州e-PORT推進機構」で構成され、個別サービスの展開主体者である、ベンチャー企業や起業家、第二創業フェーズにある中小企業など、新しい事業の立ち上げを行う企業・団体等の「事業体」へ「e-PORTパートナー」が「コンソーシアム」へ参画・連携して支援を行うプログラムが「e-PORTチャレンジ」です。

図解

e-PORTチャレンジで目指す姿

 e-PORTチャレンジでは、従来の地域産業構造の閉塞感を打破し、中小企業やベンチャー等の自律的なイノベーションを促進することで、持続可能なビジネスを通じた、地域課題解決を実現します。

図解

e-PORTチャレンジパンフレット

e-PORTチャレンジパンフレット

ダウンロード
「e-PORTチャレンジ」パンフレット  (PDFファイル、約1.3MB)

※PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

Get ADOBE READER