FAQ(よくある質問)

e-PORTパートナー募集

技術シーズを持ち込みたい

e-PORT事業相談

補助金を活用する

e-PORTデータセンター情報倉庫のご紹介

北九州e-PORT構想

北九州市IoT推進ラボ

e-PORT事業相談・技術シーズの持ち込みについて

北九州に関わる取り組みでなければならないのか

①北九州の地域課題解決に資する取り組みであるか、もしくは、地域産業振興の観点からいえば、②北九州地域内の事業者が他地域での取り組みを行うこと、これらの両方が対象となります。

関係機関とのつながりはどの様に考えているか

技術のシーズや、取り組むべき地域課題(ニーズ)の掘り起こしのため、地域内の団体とは積極的に連携していきたいと考えています。例えば、他団体よる補助の選考に落ちた事業でも、社会的意義の高いものや、見る人によっては協業したい、という申し出があるかもしれません。そういう掘り起こしを進めております。

事業相談を持ち込む際に、パートナー全員には知らせたくないアイデアがある場合は、どの様にしたらよいか

相談時に事務局へその旨を伝えていただき、意向に沿った形でコーディネートを実施する形となります。

▲このページのトップへ戻る

e-PORTパートナーについて

パートナーサービスの価格設定はどの様に行うのか

パートナーサービスの価格設定自体は、パートナー自身に行っていただきます。パートナー事務局から価格設定を行うという事は原則としてありません。ただし、e-PORT経由でのサービス利用に対する割引等の設定は歓迎いたします。

パートナー入会費が年間1万円という事だが、事業相談を行うのに入会が必要なのか

事業者がe-PORTに相談を持ち込むのは無料で行えます。パートナーは、入会することで事業相談の情報を得ることができ、自身の事業紹介を発信するといったことが可能となります。

個人でもパートナー入会は可能なのか

個人でも可能です。ただし、プロジェクト内での具体的な事業展開に伴う契約等が発生した場合は、メンバー間での相談となります。