e-PORTとは

メールマガジン アーカイブ

Web就業管理システムのご紹介

株式会社BCC 北九州支店

労働環境の変化に伴い、就業の管理は、外的環境の変化(コンプライアンスの遵守)や内的環境の変化(拡大する臨時雇用、複雑な勤務時間管理、管理機能の限界)の問題をかかえ非常に複雑になって参りました。
そこで弊社では、そのような問題解決を可能にした、Web版の就業管理システム(パッケージ)を作成致しましたので、ご紹介させて頂きます。

システムの特徴としましては、
(1)完全Web対応型アプリケーション
(2)ニーズに合わせたカストマイズが可能
(3)多様な勤務パターンに対応
(4)勤務予定表に基づき人と時間の管理を幅広くサポート 
(5)管理部門の業務効率が格段に向上
(6)コンプライアンス体制の確立を支援
(7)給与人事管理システム・インターフェース
(8)打刻はバーコード名札の読み取り打刻(標準タイプ)
(9)多彩な機能お客様固有の機能追加も可能があります。

また、導入事例としましても、ホームセンター、ドラッグストア、百貨店、食品スーパー、アミューズメント、等、多くのお客様にご利用頂いております。

以下に、概要・課題・ソリューションについて説明いたします。

1.Web就業管理システムの概要
Web就業管理システムは、人材の有効活用、生産性の向上を図るための勤務スケジュールの作成や時間帯毎の実績集計・時間外勤務のコントロールなど生産性 向上を支援するタイムマネジメントシステムです。非正規従業員(パート・アルバイト等)労働者人口増加の現状は正規従業員が前年同月に比べ76万人減少、 一方、非正規従業員は前年同月に比べ56万人増加となっており、雇用者に占める非正規従業員の割合は31.5%(前年同月に比べ1.3ポイント上昇)と拡 大傾向にあります。
【総務省統計局 労働力調査詳細結果(平成16年7~9月平均)
の概要(速報)より】

2.就業業務における課題
(1)複雑な勤務時間管理
パート・アルバイト労働者の増加に伴う、シフト管理の複雑化
営業時間の延長などにより、勤務シフトが複雑化し、管理コストも増加の傾向にある。
(2)管理機能の低下
本部・支店(店舗)など多拠点の勤務実態の把握が困難
拠点での勤務実績集計処理に多くの時間が必要。更に、本部側での従業員の勤務実態の把握が遅れる。または、多拠点形態における拠点数拡大による従業員数の増加に本部側管理機能がついていけない。

3.Web就業管理システムによるソリューション
(1)最大9,999通りの勤務パターンの登録が可能であり、複雑な勤務にも対応できます。1日2回出勤の中抜け勤務(店舗等での棚卸業務等)もカーバーしております。
(2)勤務予定に対する勤務実績を現場の管理者が日々承認することにより、締め日に集中していた、勤務データの収集・入力・集計業務が平準化され、承認 データに基づく精度の高い給与変動データを作成いたします。当システムはWebシステムですので、本部・支店(店舗)など多拠点に適しております。従業員 情報は人事システムより、給与変動データは給与システムへ渡す標準インターフェースを用意しておりますので、既存の人事給与システムとの連携もスムーズに できます。

<お問い合わせ先>
株式会社BCC 北九州支店
TEL:093-541-7220
E-Mail:nagano@bcc-net.co.jp
担当 : 長野

※本記事は、北九州e-PORTメールマガジン Vol.27(2009.7.10発行)を
 転載したものです。記載内容は発行時のものです。