e-PORTとは

メールマガジン アーカイブ

精鋭主義で、企業のIT化におけるベストソリューションを
おとどけします!

東京コンピュータサービス株式会社

<東京コンピュータサービス(TCS)について>
 企業の成否を左右するキーワードとして、今もっとも使われているのが「情報化」という言葉です。それは、グローバル化が劇的に進むビジネスの世界では、情報化という武装なくしては生き残れないからです。
 私たちはそんな時代の中にあって、企業が抱えるコンピュータ化、ネットワーク化、システム化などさまざまな問題に対し、つねに最良の解答をご用意することができます。
 お客様のニーズに合わせ、システムの企画・立案、設計・開発から保守運用といったアフターケアまで一貫したサービスを行うだけでなく、個々のサービス項目への対応やアウトソーシングにもお応えしています。

<TCSグループとしての魅力>
当社を中核としたTCSグループでは、63社の関連会社及び海外現地法人で構成されており、多様なグループ会社が、ソフトだけでなくハードの設計・開発も 含めたそれぞれの専門分野で深い技術の追求ができるため、より広範な分野の多種多様なニーズに対してタイムリーで高品質なサービスを提供し、お客様の信頼 に応えることが可能です。
全国100拠点以上のサポート体制と、海外はヨーロッパ、アメリカ、中国、東南アジア等、お客様により近い場所でのサービスが可能です。

<開発実績>
当社には、1971年の創業以来、成果を上げてきた数多くのプロジェクト運用実績があります。それは、公共企業体、官公庁、金融機関、製造業、流通・サービス業など多様な分野に及び、高度な技術力を培うことにもなりました。
これらの経験・実績を基に、常に時代の先端を行くシステムインテグレータとして、既存の分野はもとより、新しいフィールドにおいても効果・効率的なソフトウェアを提供しつづけてまいります。

<九州地区の概要>
■福岡支店
・1985年4月開設
■熊本支店
・2006年3月開設
■北九州支店
・2007年11月開設
・主な業務内容は生産管理系のシステム開発・保守で、地元のお客様を中心とした取引をさせていただいております。

TCS社員全国約1900名、TCSグループ約9,000名にてベストソリューションを提供します。

http://www.tcs-ipnet.co.jp/

※本記事は、北九州e-PORTメールマガジン Vol.37(2010.3.1発行)を
 転載したものです。記載内容は発行時のものです。