e-PORTサービス普及活動

イベント・セミナー報告

『事業継続のための北九州進出・活用促進セミナー』
〜北九州市の取り組みとデータセンター等のご紹介〜

 昨年3月の東日本大震災以後、国や自治体だけでなく多くの企業では、事業継続の取り組みについての検討や見直しが進められています。
 事業継続計画(BCP)を考える上では、災害発生時に重要な情報資産を守りつつ、安全に活用するための拠点が必要となります。北九州市は、地理的に地震や津波、台風などの自然災害リスクが小さいエリアに位置しており、交通や物流の基盤に加えてIT関連の基盤も充実していることから、災害発生時の拠点としての十分なポテンシャルを持っています。
 本セミナーでは、北九州市の企業立地支援への取り組みやデータセンターおよび情報管理事業など、事業継続拠点としての北九州の魅力をご紹介いたします。是非、当セミナーへお越しください。