e-PORTサービス普及活動

イベント・セミナー報告

「ソーシャルネットワークを利用した新サービス創出」
~モバイルツール利用ビジネスに見るヒント~

平成23年3月15日、九州ヒューマンメディア創造センターのマルチメディアホール(北九州市八幡東区東田)にて、e-PORTセミナー「ソーシャルネットワークを利用した新サービス創出 ~モバイルツール利用ビジネスに見るヒント~」を開催しました。

基調講演では、株式会社マピオン 取締役の浜矢健次様より、『バーチャルと現実をつなぐ位置情報サービスの有効性』と題して、全国的に 展開されている携帯電話向けのサービス(ケータイ国取り合戦)の取組み内容を基に、ビジネスモデル、統計情報、事例とその効果など、詳細にわかりやすくご 説明いただきました。

またe-PORT活用事例として、安川情報システム株式会社様に利用者としての立場から発表いただき、e-PORTを利用するに至った 経緯の詳細と、社会的な背景もさることながら、e-PORTがなければ実現できなかったサービスの内容についても詳しくお話いただきました。

当日は61名の方にご参加いただきました。


【プログラム】

○基調講演15:05~16:05
「バーチャルと現実をつなぐ位置情報サービスの有効性」(PDF形式、2.9MB
講演者 株式会社マピオン 取締役 浜矢 健次 氏
○北九州e-PORT活動紹介16:18~16:43
「データセンターだからできる、レセプト電算ソリューション
 ~ジェネリック医薬品利用促進サービスの紹介~」(PDF形式、1.78MB
講演者 安川情報システム株式会社 医療公益ソリューション本部 畑 勝弘 氏

■主 催 北九州市、北九州e-PORT推進協議会
■共 催 北九州e-PORTイニシアティブ、北九州商工会議所
■後 援 総務省九州総合通信局、経済産業省九州経済産業局、福岡県、
北九州情報サービス産業振興協会、北九州ベンチャーイノベーションクラブ
九州インターネットプロジェクト