パートナーサービスのご紹介

e-PORTパートナー募集

技術シーズを持ち込みたい

e-PORT事業相談

補助金を活用する

e-PORTデータセンター情報倉庫のご紹介

北九州e-PORT構想

北九州市IoT推進ラボ

パートナーサービスのご紹介

事業所名有限会社BOND
サービス名~簡単動画作成・配信・音声通話でコミュニケーション革命~
キャラクター(スマートアバター®)による動画コミュニケーションツール
サービス概要○本製品は、文字や音声を入力(自動・手動)するだけで、キャラクター(スマートアバター®)が表情や仕草をつけながら発声する動画を、簡単に・早く・何度でも自動生成することができるソフトウエアです。

○音声や文字から「人の感情(心)」を解析し、それらを類型・蓄積したデータベースとスマートアバター®の演出表現を突合することで、スマートアバター®の感情豊かな表現(表情や仕草)を実現しています(多言語対応、内外特許も取得済)

○現在、動画は、その販促効果や情報発信力が高いにも関わらず専門家の独占市場で、依頼すると15秒動画制作が数十万~数百万円×本数分費用がかかるが、弊社製品であれば、「初期導入+年保守費用」で何本でも即座に作れ、修正も容易。動画を何度でも、作成、配信・音声通話でき、軽いデータとして複数個所に同時配信することも可能です。

○現顧客は、デジタルサイネージ・動画広告・教育・公的機関
サービス紹介URLhttp://f-bond.co.jp/ict3d/creator.php
サービス利用対象インターネットの高速化、PC・スマートフォンなど動画視聴が可能なデバイスの発達、WEB動画コンテンツの充実等によって動画の視聴メディアの主流がテレビからインターネットへ移行しつつあり、また動画による広告も拡大していることから、当社製品の需要は大きく拡大することが見込まれます。

・デジタルサイネージ市場
動画制作を専門家に頼んでいる中小企業を想定。
市場調査会社のシード・プランニングによれば、2008年の国内市場規模は560億円。ここ数年で30~50%成長しており、2015年には1兆円を超えている可能性があります。

・動画広告市場
サイバーエージェント/シード・プランニング社によれば、2014年の動画広告市場は311億円、前年対比197%に達すると予想され、中長期的にスマートフォン向けの動画広告の需要拡大は必至とみられます。

・教育市場
九州大学・九州先端化学技術研究所(福岡県福岡市)がネット上の公開講義(MOOC)
の配信として採用。
さらに講義動画を従量時間制で制作・配信できるサービスも展開しています。
 https://mooc.laboratorycloud.org/

【想定する顧客 BtoB】
・印刷会社・電子看板・量販店・観光・学校・MOOC(インターネット上の大規模公開講義)
 
・自治体・経済振興・復興支援 など

http://f-bond.co.jp/press_release/index.php
サービス利用料○有料

 ※別途ご相談ください
サービス内容有限会社BONDは、伝えるための人の心(感情)に拘り、以下製品を開発している。この国内唯一の製品(特許取得済)を「地域活性化や施設の利活用の促進」の問題解決として活用いただき「街のの強み・人の強み・雇用の強み」を自治体の職員自らが、または住民、市民が自ら、また双方の協力により手軽に、何度でも動画を作成し、内外に発信していくことで「人口減に伴う地域課題解決」にも繋げていけると考えています。

(1)番組生成(アプリケーション版・SaaS型・DB連携で自動生成)
パソコンやスマートフォンなどモバイル端末を利用し、専門知識がなくても簡単に・早く・何度でも動画を作成することができるソフトウエア(製品名:SmartavatarCreatar)。あらかじめキャラクター(地域のゆるキャラから、個人のマイキャラまでカストマイズ可能)を設定しておくと、ソフトウエアに当該キャラクターが発話するテキストや音声を入力するだけで、動画が簡単に作成できる。作成した動画は、デジタルサイネージ・テレビCM・ホームページ・WEB・SNSなど多様なシーンに利用でき、スマートフォンなどモバイル端末を含む複数端末にパソコンから同時配信できます。
http://f-bond.co.jp/pdf/creator.pdf

(2)音声通話システム(コールセンターで ・DB連携で)
人の発話とキャラクターの口が同期し、表情や仕草をつけながら視聴者と双方向の対話役を務めます。人だと伝え難いこともキャラクターが相手であれば対話しやすくなるためコミュニケーションを豊かに演出できます。(キャラクターは、地域のゆるキャラから、個人のマイキャラまで、カストマイズ可能)対話用のDBがあれば、人を介在することなく(24時間、職員にかわって)自動で対話することもでき、デジタルサイネージ・受付対応・展示会など多様なコミュニケーションシーンに活用できます。
http://f-bond.co.jp/ict3d/actshow.php

(3)ネットTV配信と(1)の組み合わせ
このシステムは、インターネット上で配信する番組局を開設・配信を自由自在に管理できるシステムです。ブラウザの管理画面から、(1)で作成した番組や既存の番組を簡単に配信管理でき、事故や災害時など緊急時対応の番組構成切り替え(割込み配信)も可能です。
視聴者は、ブラウザアドレスから、いつでも・何処でも・オンデマンドで視聴できるため、欲しい情報を時間や場所にとらわれることなく、好きなだけ楽しめます。
http://f-bond.co.jp/ict3d/smartavatartv.php
サービス内容資料